新築予防処理

新築時のシロアリ予防工程は、基礎が立ち上がり土台・ネタ材が入り床板が張られる前段階で施されます。オレンジ色や緑色に着色された薬剤を土台や大引き、ネタ材に塗布していくか、吹きつけしていきます。最近では炭やホウ酸系の薬剤を使用するケースも増えていますが、土壌処理には不向きな面もあります。

高気密高断熱住宅の普及が増え、床下も土壌面がコンクリートという住宅では、シロアリ侵入経路も変わりつつあります。「床下が乾燥している」「通気性が良いから」「シロアリに強い材料を使用している」ということを信頼しきる事は危険な面もあります。住宅構造上隅々までシロアリ侵入されない状態では無いこともあります。その事を踏まえた上での新築時の対策が重要になってきます。

土台への塗布処理一般的な新築処理

土台にオレンジ色に着色されているのが、新築予防を施した土台です。使用される薬剤には注意が必要です。特に機密性の高い建物では、蒸散や臭いの面で住み始めてから問題となることもあります。

シロアリの動きを考えることが重要

シロアリは何処かから移ってくる、という考え方が間違っています。ヤマトシロアリにおいては、土の中を移動する距離はとても短いです。元々建物を建てる土壌中に生息していたシロアリが、建物のコンクリート埋め込みなどにより環境が変化したため、安定していた状況から活発な動きを始めるのです。

ベタ基礎構造であっても玄関の構造は、コンクリートの二度打ち等が必要となる構造があります。二度打ちによるコンクリートの収縮の違いによる隙間の発生は、避けることが出来ません。表面をタイルで覆ってしまっていれば、内部の様子は見ることが出来ないのです。

建物の外側と内側の感覚はシロアリにはありません。ドアの外と内側はコンクリートにより繋がっているのです。

玄関新築途中     ドア設置途中

左の写真は、玄関部分の新築途中の様子です。この段階では玄関ドアや三和土(タタキ)部分のタイルは張られていません。

右の写真は、ドアが設置された状態です。新築予防処理は施されていますが、この後にコンクリートを玄関部分に流し込み三和土部分を完成していきます。この工程による結果、玄関部分の新築時の予防が不充分になってしまうケースがあります。

隙間は避けられない

コンクリートの打ち継ぎ部分・型枠の金具部分・配管の取り入れ部分など、建物には隙間が出来てしまうことは避けられません。この隙間こそがシロアリの侵入経路になってしまう危険があるのです。

基礎パッキン床下側の配管部分

建物と周りの環境を考えたい

住宅を建設する時のシロアリと建物の関係を考えるときに重要なことは、建物が建つ環境を考え、建物にどのようにシロアリ侵入が関係するか考えなくてはなりません。例えばその建物を建てる土地自体がシロアリ活性(地面に沢山のシロアリが生息している)が高い場合などです。

乾材シロアリの対策

アメリカカンザイシロアリなどの乾材シロアリは、建物全体に生息する可能性があります。柱や土台はもちろん、天井裏の小屋組材、敷居、畳、木製の家具類など被害が起こる可能性はあります。羽アリは一年中飛び(コロニー単位でまちまち)土壌性シロアリと違って、いきなり木材に入り込みます。

予防対策を行うことは、極めて困難ということになります。建物の構造を隅々まで点検できる構造とし、早期発見・早期対策が重要となります。乾材シロアリに侵入された場合でも、進行はゆっくりしたものです。