コンクリートで覆われた床下

築年数が古い建物であっても、増改築やお風呂場、脱衣場など構造的に床下に入れない、床下空間が無い建物はあります。
床下空間が無い(人が入れない)場所へシロアリ被害の侵入が起こってしまった場合、侵入経路の判断が分かり難い場合があり、被害の進行状況も把握仕切れないこともあります。
古い建物の場合、構造的な隙間から状況を確認出来る場合が多いのですが、近年の高気密・高断熱構造の場合、配管の隙間や機密性を高めるための断熱材など、全くシロアリ侵入経路を見ることが出来ない構造が多く、従来のシロアリ駆除の方法では不十分なこともあります。

高気密・高断熱の土間構造

和室の土間床

「床下空間がまったく無い、建物全体に人が入れない」という構造へのシロアリ被害の相談が増えています。
床下部分がコンクリートで固められ、その上に床板や畳が施されている造りです。
コンクリート部分に蓄熱を施し、建物の温度調節をしている建物もあります。
コンクリートで土壌面より隔離されているという考えから、シロアリ被害と無縁という思い込みもあるようですが、現実にはシロアリ被害が発生しています。
厚いコンクリートで床下が覆われていれば、シロアリの侵入の可能性は殆ど無いと考えられます。
しかし、住宅の場合には配管や構造的にコンクリートに隙間が生じてしまうことがあります。造り手が考える以上に僅かな隙間でもシロアリが侵入してしまうことがあるのです。

土間床蓄熱フローリングへのシロアリ被害

壁クロス内部のシロアリ被害

床下空間が無く、コンクリートで覆われた建物でも、このようにシロアリ被害が起こってしまうことがあります。
コンクリートの上に土台を乗せ、床板を張っているフローリングのクロス壁面内部に、シロアリが入り込んでしまったものです。

玄関上がり框へのシロアリ被害

框のシロアリ被害

土間床玄関シロアリ侵入経路

玄関框部分に入り込んだシロアリ被害です。
侵入経路は、玄関の場合多くは土間コンクリートと靴を脱ぐタタキ下コンクリートの、打ち継ぎ部分に生じた隙間からです。