床下の基本構造

床下がコンクリートになっていますが、土の床下も同じ構造です。建物の構造体にシロアリがどのように侵入してしまうのか知ることが重要です。
床下からシロアリ被害が起こる場合、束石や基礎に蟻道を構築します。
コンクリートの床下の場合、土の床下と違ってシロアリの侵入するポイントが限られます。土壌面とコンクリート僅かな隙間から、シロアリの動きにより建物への侵入が起こってしまうのです。
土の床下であれば、土壌面はむき出しです。シロアリは隙間ということに関係なく、ダイレクトに土壌面から床組み材に侵入が可能ですが、侵入経路の確定は容易に出来ることから、被害が起こったとしても、駆除に困難をきたすことが少なくなります。

シロアリ被害を建物構造から考える

シロアリ被害を建物構造の関係を考える場合に、床下の構造を知っておくことはとても大切です。普段あまり見ることの無い、床下の状況です。
床下が土の場合と、コンクリート(防湿・ベタ)の場合とではシロアリの侵入の仕方に違いがあります。

床組み材

リビングや和室の床下の状況です。土台、大引き、ネタ、束柱により床板を支えています。土の床下と基本的には一緒です。

ユニットバス

ユニット式のお風呂場です。新築からユニット式であれば、お風呂場下はこのように空間になっています。
リフォームによりユニットバスに交換した場合、元の基礎の囲まれてしまっています。

トイレ床下

トイレの床下です。トイレの配管は床下の中にある配管のなかで1番太いです。

脱衣場

脱衣場の床下です。脱衣場の床下は配管が多く、配管の設置により生じた基礎の隙間などから、シロアリの侵入の可能性があります。

キッチン

キッチンの床下です。配管の周囲などに不具合が生じていると、配管周りに水漏れの形跡がみられます。