基礎断熱のシロアリ被害

化粧モルタルの欠損     配管周り

土に埋まっていた部分です。断熱材の表面の化粧モルタルが途中から施されていません。基礎を通る配管部分で周りからの断熱材の露出があります。
土に埋まっている部分の断熱材の露出やコンクリートの隙間から建物の周囲にいたシロアリが、接触し断熱材を通り侵入しているケースが多いです。

断熱材内部の移動     基礎ベースよりシロアリ侵入

断熱材を剥がしてシロアリを確認しました。基礎フーチング部分と断熱材の接点の化粧モルタルの隙間より侵入しています。

土台の被害     壁内の被害

断熱材を通り、土台から壁の内側に被害が進行しています。

基礎断熱の問題点

基礎断熱の最大の問題は断熱材が土壌面・壁面等により露出が少なく、シロアリの侵入が分からないということです。断熱材が土台や壁の内側に接していることも問題となります。知らないうちにシロアリ被害が拡大してしまうのです。

基礎断熱住宅の場合、築年数に関係なくシロアリ侵入の可能性があります。特に床下空間の無い造りの場合は、被害が出てしまうと大変です。

基礎断熱を施している場合基本的に、シロアリ被害が露出していません。基礎コンクリートと断熱材の隙間から侵入し、壁のなかを進行していることが多いです。

早めのシロアリ対策の検討、状況の確認が重要です。見えない部分の処理や調査なので、シロアリ対策を住んでいる方と弊社で協力して行うことが大切になります。

床下空間の無い構造

基礎断熱材からシロアリが和室に侵入した建物です。
問題は床下の空間が全くありません。畳を上げるとコンクリートです。

基礎部分のシロアリ確認作業     配管周りのシロアリ確認作業

基礎断熱の場合、シロアリ侵入経路の判断が重要です。基礎に沿ってグランド部分を露出させるため土を掘り起こしていきます。基礎断熱材の露出部分の確認も同時に行います。シロアリの侵入場所によっては、化粧モルタルを剥がしての処理が必要になることもあります。使用する薬剤の種類や、薬剤の形状も状況に応じて判断します。

基礎断熱のシロアリ処理の考え

シロアリ対策処理の方法は建物の構造・被害の状態・住んでいる方の考えや家族構成(小さなお子さんや健康状態)などにより対策処理の方法は変わります。

特に基礎断熱工法の建物ですと、その構造様式により一概にこの方法というのはとても難しいものです。住んでいる方との話し合いが大切です。業者からの一方的な対策処理の提案という形でないことが望ましいと考えています。

処理に使用する薬剤も検討する必要があります。化学合成薬剤・天然系薬剤・ベイト工法・物理的処理方法など、状況に応じた検討が重要になります。

上記の方法は一例であり、色々な組み合わせで対処する方針です。費用につきましても、対策処理の方法・処理カ所によりますので、現場の状況を確認してからになります。目安として通常のシロアリ費用の1,5~2倍位です。