シロアリ被害・蟻道

シロアリ被害は早期発見が大切

畳の被害     敷居までの被害

和室でのシロアリ被害です。敷居や床板は勿論、畳まで被害が進行してしまうこともあります。乾燥していてもシロアリが床下の湿った土を運び込んで、生息環境を作ります。

ドア柱の被害     ドア柱の内側

玄関でのシロアリ被害は増えています。ドア枠・上がり框・巾木などに多く侵入します。侵入経路は三和土(タタキ)のタイル下や床下側の土留め部分です。

紙の被害     レコードジャケットまで

フローリング床の表面にシロアリが現れることは少ないのですが、長い間本やダンボールなどを床に放置していると進行してきます。レコードのジャケットまでもボロボロにしています。

雨漏り壁内部     ベランダの雨漏り

壁内部のシロアリ被害です。雨漏り等の二次的要因がある場合などはベランダや2階部分まで、シロアリが進行してしまうこともあります。

シロアリの移動手段は蟻道の構築

束石の蟻道     束柱の蟻道

シロアリは地面(土の中)に生息しています。土の中での移動は、トンネルを作りますが、その他の移動には蟻道(自分自身で作るトンネル)を構築します。

床に伸びる蟻道     複数の蟻道

床板に伸びる蟻道です。シロアリの活性(数や生息状況)が良好ならこのように、何もない空間にも蟻道を作ります。複数の蟻道を作ることも同じです。

コンクリート隙間の蟻道     金具の隙間の蟻道

コンクリート張りの床下でも、ちょっとした隙間から蟻道を作ります。基礎型枠を止めていた、金具の隙間からも作っています。

垂直移動     隙間を埋める

基礎のような垂直部分でも大丈夫です。風や光を嫌うため、隙間は土で塞ぎます。

『シロアリの活動は集団(数での勝負)で行うのです。生息するための手段として蟻道を土と排泄物を利用して作り、木材部に到達すると生息しやすい環境を作ります。
建物への侵入の場合、床下の土を一粒一粒運んで自らの生息に相応しい環境を作っていきます。』