コンクリートとシロアリ

最近の住宅構造の殆どは、床下がコンクリートになっています。
コンクリートの床下には大きく、防湿コンクリートとベタ基礎の造りがあります。
コンクリートの床下であっても、シロアリの侵入は起こります。
建物の構造上コンクリートであっても隙間が生じ、土壌面と床下がその隙間によって繋がってしまうのです。
コンクリートの床下であっても、シロアリ被害は起こります。

防湿コンクリートとベタ基礎の違い

防湿コンクリートへのシロアリ侵入

防湿コンクリートは、基礎を立ち上げてから床下部分にコンクリートを流し込みます。
基礎部分と後から流し込んだコンクリートの接地面には、隙間が生じてしまうことがあり、その隙間からシロアリの侵入が起こります。

ベタ基礎へのシロアリ侵入

ベタ基礎は、床下部分にコンクリート面を造ります。この後基礎をコンクリートの面の上に立ち上げます。基礎の型枠を組む時に金具で型枠を固定するのですが、この金具はそのまま残されます。この金具により僅かな隙間が生じてしまい、シロアリの侵入が起こります。

その他にも、配管等を外に出している隙間からのシロアリの侵入も起こります。

ベタ基礎の玄関構造

ベタ基礎の玄関構造

ベタ基礎構造の場合、玄関へのシロアリ侵入が多く見られます。これは玄関の構造により、シロアリの侵入が起こってしまうコンクリートの打ち継ぎ部分があるためです。
上記絵で、赤丸部分がコンクリートの打ち継ぎ部分です。
シロアリの本能として、触れたものに沿って動きます。土壌面と接したコンクリートの塊により、シロアリはそのものに沿って動きます。その動きの中で、打ち継ぎ部分に隙間が生じていれば隙間に沿って動いてしまうのです。