アメリカカンザイシロアリ

アメリカカンザイシロアリ     大きさの違い
カンザイシロアリ落翅虫       カンザイシロアリとヤマトシロアリの職蟻

アメリカカンザイシロアリは乾材シロアリの仲間で、必ず水源を必要とするヤマトシロアリやイエシロアリなどの一般的な土壌性シロアリと異なり、木材の中だけでも生息可能なシロアリです。全国各地でこのシロアリが発見され、すでにかなり拡がっている地域や建物があります。

アメリカカンザイシロアリはイエシロアリのような集中型のシロアリでは無く、分散型のシロアリなので被害があっても、直ちに家屋の強度を著しく低下させることはありません。しかし分散型が非常に高く、1本の柱であっても多数の集団が生息していることもあります。

集団ごとに羽アリを出し、ダイレクトに木材にもぐり込むことや、水源に関係なく広がることにより、建物全体に分散してしまう可能性があり、発見や駆除が非常に困難になることもあります。

アメリカカンザイシロアリの場合被害そのものより、発見・駆除の困難性が極めて厄介であることが一番の問題です。

土壌性シロアリと駆除方法が違う

ヤマトシロアリやイエシロアリ駆除と同じ薬剤処理方法での効果は難しいです。シロアリ自体はアメリカカンザイシロアリでも皮膚が弱く、ほとんどの殺虫剤で簡単に死滅します。

問題は生息位置をどのように把握し、どのように薬剤をシロアリに届けるかということです。「本家」のアメリカなどでは、建物をシートで完全密封してガスで駆除する方法(燻蒸)が行われていますが、小さくて単純な被害では直接の薬剤処理も行われています。

日本でも燻蒸が最も駆除効果が大きいのですが、家屋が建て込んでいると困難な場合もあります。しかも、燻蒸ガスは駆除後まで効果が残らないようになっているので、近所に生息している場合は再び侵入されます。

駆除の基本は、点検調査に基づいて定期的な対策を施していくしかありません。近所とのトラブルを避けるためにも、対策は慎重に個別の配慮が必要です。

侵入の仕方

侵入の経路としては二通りあります。一つめには家具などと共に持ち込まれることです。手のひらに乗るほどの小さな木片でもその中で何年も生息出来ますので、アメリカカンザイシロアリの生息地からの木製品の持ち込みは注意が必要です。

二つめには近所からの羽アリの侵入です。土壌性シロアリでは、羽アリのほとんどは営巣以前に死亡するのですが、アメリカカンザイシロアリは、ほとんどがとりあえず木材にもぐり込みます。その後の営巣維持の確率はまだよく分かっていませんが、これまでの被害現場の実状からかなり高いと言えます。

侵入は木にダイレクト
アメリカカンザイシロアリは羽アリとして飛び出すと羽を落とし、ダイレクトに木材への侵入を始めます。

発見はゴマ状の糞と木粉

  • 羽アリは季節に関係なく、温暖な条件で飛び出す
  • 初期の羽アリの侵入部分には、新鮮な木粉が見られる
  • 生息が始まると、ゴマ状糞が侵入孔の直下に見られる
  • 侵入孔は生息直後に一旦密閉される場合がある

こうした兆候は、一般的なシロアリ調査ではまず見つけられません。生息範囲が天井から床下までと建物全体、広範囲に及ぶからです。床下中心の調査では対応出来ません。

食害された木     侵入初期
食害された木材           侵入後すぐには木粉が見られる

ゴマ状の糞を出す     糞にはスジがある
ゴマ状の糞(1mmマス)      糞にはスジがある

「シロアリフォーラム」では、アメリカカンザイシロアリの対策・相談について、全国各地の業者で取り組んでいます。お気軽にご相談下さい。